言ってはいけない 残酷すぎる真実|橘玲

本―読みました

内容紹介

この社会にはきれいごとがあふれている。人間は誰しも平等で、努力すれば必ず報われ、〝見た目″はそれほど大した問題ではない――だが、それらは絵空事である。往々にして、努力は遺伝に勝てない。知能や学歴、年収、犯罪癖も例外ではなく、美人とブスの「美貌格差」は生涯で約3600万円もある。また、子育ての苦労や英才教育の多くは徒労に終わる……。進化論、遺伝学、脳科学の最新知見から、人気作家が次々と明かす「残酷すぎる真実」。読者諸氏、遺伝、見た目、教育、性に関する、口には出せない「不愉快な現実」を今こそ直視せよ!

2017新書大賞!!

読みました

勉強になりました

努力は遺伝に勝てない

ええ、そうですよ。

そうですよね。

天才とは1%のひらめきと99%の努力

と言っても、大事なのは”1%のひらめき”であります。

ひらめきゼロの人が99%努力するのと、

1%のひらめきを持つ人が99%努力するのとでは雲泥の差。

幼児教育なんて、才能がなければムダ金にしかならないというのが、

私の持論ですが、身を持って実感したことです。

ピアニストや、オリンピック選手が、

よく3歳から始めたとかいう話をされますが、

私、ピアノ3歳から習ってましたが、音階を振らないと弾けません。

英会話は、4歳から習ってましたが、日常会話はもちろん、

ビジネス英会話もできませんし、

海外観光時の入国・出国審査での英語にさえまごつくレベルでございます…

ちょっと本のネタバレを^^

話しているときに相手の目を見るひとは、知的な印象を与えるばかりか、実際に知能が高い

それがデータに裏付けされた実情なら、

逆に頭悪くても、話しているときに相手の目を見れば、

それなりに見えるってことですよねぇ。

心がけよ♪

話しているときに相手の目を見ない人は、

知能が低いというよりも、

性格が悪いというか、コミュニケーション能力は低いでしょうね。笑

残酷すぎる真実を知ったところで、

自分の持つアイテムをどうにか駆使して、

人生を送るしかない訳ですので、

凡人は凡人なりに、精一杯頑張るしかありません。

Σ( ̄ε ̄;|||・・・

コメントはまだありません

コメントを残す

本―読みました
女たちのサバイバル作戦|上野 千鶴子

ずっと気になっていた本ですが、やっと読むことができました。 内容紹介 働く女性は、以前より生きやすく …

本―読みました
「一汁一菜」医者いらずの食養生活|若杉友子

若杉友子さん、 テレビで拝見して知りました。 だいぶ前だと思いますが。 気になっていた本、やっと読む …

本―読みました
恋愛中毒|山本 文緒

内容紹介 いつになったら、私は自由になれるのだろう。恋愛小説の最高傑作。 世界の一部にすぎないはずの …