必要最低限で暮らすとは

エコや断捨離、少ないもので暮らす生活が流行っています。

 

知人でも、

エコノミストを目標に、

断捨離を定期的に実行している人もチラホラ。

 

以前、ある人のブログ記事で、

自称エコノミストと謳いながら、

ブログにアフィリエイトのリンクを貼り付け、

願わくばブログの書籍化を狙う人が多くて違和感を覚える

的なことを言っている人がいらっしゃいました。

 

しかし、

エコノミストアフィリエイトのリンクを貼ることに

何の違和感があるのか私には分かりません。

 

アフィリエイトとは、あなたのサイト(ブログ)で広告主の商品やサービスを紹介することで、ユーザーが商品を購入するなどの成果があがった場合に報酬(広告収入)を受け取ることができる仕組みです。

 

報酬を、ポイントの商品交換だったり口座振替だったりする訳ですが、

現金での口座振替なら、預金は嵩張りませんし、あって困るものでもありません。

商品交換にしても、自分の必要なものと交換するならエコノミストの生活は維持できるでしょうし。

 

むしろ、

必要最低限で無駄のない、シンプルな暮らしと言い、

サランラップを買わない、自宅のお皿は人数分だけという人が、

結婚をして、

こどもが3人、4人といることの方が私にとっては違和感です。

 

 

必要最低限ってことなら、

結婚せず一人で生きたり、

こどもがいても1人、2人ではないのかなと、

物に囲まれ、

ラクタの山に埋もれて生きている私は思うのです。

 

が、

必要最低限という尺こそ

人それぞれですからね。

 

f:id:gunmamatanaka:20180206114800j:plain

しかしながら、

要るもの、要らないものを分別して

物と向き合う生活は、とても大切なことだと思います。

 

上記の写真は、

洗濯機の洗剤を入れるところにはめてあった

柔軟剤を入れるプラスチックの部品。

気が付いたときに、汚れを拭いたり

細かいところは楊枝や綿棒を使ってちょこちょこ掃除していました。

 

が、

こんな手がかかるならといっそ、取り外して断捨離しました。

問題なく、使えています。

あ~、スッキリ^^

 

 

コメントはまだありません

コメントを残す

暮らし
子どもも親の喜ぶ顔が見たい

水ようかん大好き。 ギフト用の水ようかんが安くなっていると、つい買ってしまいます… 子どもも親の喜ぶ …

my shopping
1
キッチンばさみを買い替えました

「安物の刃物は買うな」と母が昔言っておりました。 ので、言いつけを守り、 文房具のハサミはコクヨ、キ …

暮らし
パートで働きにでます

保育園が決まってから、転職先を決めようと思っていました。 田舎だし、ゼロ歳児の4月入園だし、あるサイ …