使いきる。 有元葉子の整理術 衣・食・住・からだ・頭 |有元葉子

内容紹介

いつもすっきり片付いている台所、選び抜かれ、気持ちよく手入れされた道具、常に一段はあけてある冷蔵庫、たくさん用意された洗濯済みのふきん……おいしい料理は、実は、掃除から始まっている!
1日の終わりには台の上に何もない状態、だから、翌朝はすぐに作業にとりかかることができる。「台所には”台”がないと」「冷蔵庫のなかは頭の中」「台所はジムよ!」etc 気持ちよく台所仕事ができるための整理、片付け術、家事の流れの作り方……哲学ともえいる暮らし術をあますところなく紹介。

 

 

 

著者は、「ラバーゼ」でおなじみの有元葉子さんです。

ちょっとネタバレ。

 

 

  • 毎日ちょこちょこ掃除しているから、大掃除ということはしない。
  • 家に入れるすべてのものに定位置を決め、郵便物さえも部屋に持ち込んだらすぐに確認し、必要かそうでないかに分別する。
  • プラスチック製のものが好きではなく、ペットボトル飲料でさえも家に持ち込んでほしくない。

 

ずぼらな私からすると、

ちょっとストイックすぎるかなと思う節がありますが、

一緒に暮らすわけではないので、

自分には無理ですが、他人の生き方としては感服します。

 

有元葉子さんの本は、

他に以前読ませていただいたことがあります。

 

有元葉子さんがすごいなと思うのは、

私はこれがいいと思ってやっているけれど、あなたは違うかもしれない。

いいように変えて、どうぞご自分のものにしてくだい

 

 

と、あとがきに書かれている通り、

押しつけがましくなく、

その心持ちが随所から伝わるところ。

 

西洋の物もたくさん使われていながら、

日本の古いものも、新しいものも、

自分で選んで使う。

 

望んだものが探してもないときは、メーカーに頼んで作ってもらう。

 

お気に入りの少ないものに囲まれた日常

 

いろいろ試して行きつく先に、

私もそんな生活を送りたい。

 

写真が多く読みやすいので、是非^^

コメントはまだありません

コメントを残す

本―読みました
「一汁一菜」医者いらずの食養生活|若杉友子

若杉友子さん、 テレビで拝見して知りました。 だいぶ前だと思いますが。 気になっていた本、やっと読む …

本―読みました
恋愛中毒|山本 文緒

内容紹介 いつになったら、私は自由になれるのだろう。恋愛小説の最高傑作。 世界の一部にすぎないはずの …

本―読みました
フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣~|ジェニファー・L・スコット

内容紹介 高級料理を食べて、たくさん買い物をして、 あちこち旅行をしても、 心からの満足を感じられな …