乳腺炎の治療3日目

乳腺炎

3日間連続の乳腺炎の治療

今日は、まず昨日の大きな絆創膏みたいなのとガーゼを取って、
母乳と膿みを出し、消毒して再度ガーゼと大きな絆創膏みたいなので覆って終了。

助産師さんの予定があるので、行く前に産婦人科へ電話しました。
「右胸があげられないので、いっそ左胸も授乳しなかったら左胸もしこりみたいのができてしまいました」と伝えると、
「え??トラブルがある時の断乳は勧めないはずだけど、昨日の助産師さんに断乳の件は伝えたの?
両胸トラブルになっちゃう…」と言われました。汗

 

左胸には文字通り”ノータッチ”で、右胸の授乳はできませんとしか言われただけ。
私の言葉足らずと無知のせいだけど、トラブル時の断乳がご法度なんて常識ですか??
経産婦といえども、おっぱいトラブルなんてそう経験することじゃない。
プロからすれば常識のことでも、一般の人には説明されないと分からないことじゃないですかねぇ。

 

今日は、ドロドロで濁った膿みはほとんど出なかったそうで、
痛みもだいぶ和らいではきたけれど、傷口はパックリ割れてしまっているので、
再度消毒をして、大きな絆創膏で覆い、次回また数日後に病院へ行きます。

来週の半ばは主人が有給取れるかもということなので、子どもは主人に頼めるかなぁ?
今日で治療は終わりかもと勝手に思っていたけれど、まだかかる。泣

 

歯科の治療を、最後まで通わない人は案外多いと聞く。
なんで最後まで行かないんだろうと思っていたけれど、子どもを頼まなきゃだったり、
仕事を休んだり遅刻・早退したり、自由に身動きが取れない状況だと数回の通院も楽じゃない。

コメントはまだありません

コメントを残す

★次男
異性の生殖器・生理現象

次男の保育園は、 おやつより前に早退すると、紙パックの飲み物とお菓子を持たせてくれます。 体調不良で …

★次男
冷房病??

冷房の効いた室内でも、十分な水分補給をしないと熱中症になるという。 暑さが尋常ではないので健康管理が …

乳腺炎
乳腺炎の治療4度目

主人の同僚が台湾旅行をしてきたそうで、そのお土産。 こ、これ。 このキャラクターっ!!! 中は、パッ …